ポ-ルdeアユム(ウォ-キング)

 

Photo_20200907060801

伊勢原・秦野 保険福祉事務所 管轄電話番号=0463-82-1428

PCR検査キット自販機が登場=伊勢原版

《伊勢原市》新型コロナウイルスワクチン高齢者接種予約について

バックナンバー マメ公の思出

 11_20200417200501(※ポ-ルで歩み足腰鍛える日課、傍ら八十路の手習いブログ、誤字脱字は当たり前悠々自適)2019-3月

 2021 オオバウマノスズクサ

121_20210412065901

★花色は 始め緑色進むにつれ黄色になり無授粉蕾は数日で萎えて落下する。開花は十分に膨らんだ後、主に夜間に開花する。

《植栽》一足先に咲きました。(丹沢山塊の花)

1_20210403101601 2_20210403101701 3_20210403101701 4_20210403101701

5_20210403101801 6_20210403101801 7_20210403101801 9_20210403101901

10_20210403101901 11_20210403102001

         ★追加添付★ 参考畑のウマノスズクサ


  13_2021040609300114_2021040609250115_2021040609250118_20210412151001 16_20210406091001

31_20210412151401 32_20210412153601   

大人の掌サイズの葉の葉柄の根元に一個から二個の蕾が付く事が分かりました。したがって無数の

が咲くでしょう。ところが何時咲くのか、三日三晩インターバル撮影仕掛けたが機嫌を損ねたの

か別の花が咲く始末。とに角変わった物には変わった性質がある様だ。だからやめられないとな。

   

花はこれまでに4個開花したがどれも夜間草木も眠る丑三つの刻の頃開花した。

そして薄命。インタ-バル撮影のお蔭で生態系新知見一見の価値あり。花の色は

始め緑色から進み数日で萎える。何故に夜間丑三つの刻頃に開花するのか

誰も知らない。又どの部分から開くのかと想像していたら何と両端からでした

想定外でした。 訶不思議な生態系、徐々に解明されるだろう。木本種の

ウマノスズクサのインタ-バル撮影は本邦お初の試みである。

 

2021 オオバウマノスズクサ開花・インタ-バル動画

17_20210407162001

 

 このブログはバック音楽を主に聞いて見て下され、関係は全くありませんが。

《バック音楽は童謡・唱歌の世界より》

此方から無償で楽しむ事が出来ます。又無償提供者とメ-ルでお話も出来ます。
https://www.s-pst.info/douyou-syouka/

33_20210418044701  34_20210418044101 

以前の記録

35_20210418103901 36_20210418103901 37_20210418103901 38_20210418103901

 

 

 

 

 

 

....................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

第2弾  本家、ライオンゴロシ-2021-

《カラハリ砂漠 の植物ライオンゴロシ》
(現地夏季の日中温度40~50℃にもなり、冬季は0℃にもなると云う
)

前年度、寒さに向かって入手したライオンゴロシの種子
冷凍保存をした。一般家庭用の冷蔵庫の区分けでシリカゲル剤
で養生して冷凍庫部に安置、4ケ月後取り出し冷蔵庫野菜区に入れ
その後取り出し常温管理した。その他は画像順番通りである。

 1_20210327090501 2_20210327085901 3_20210327084801 4_20210327084801

5_20210327084801 6_20210327084801 7_20210327084801 8_20210327084801

9_20210327085001 10_20210327090801  11_20210327171501 12_20210328074101

13_20210329073501  14_20210329072901 15_20210329072901 16_20210329072901

17_2021033009190118_20210330100501

19_20210331072001  20_20210331071501  21_20210331071501  22_20210331072701

カラハリ砂漠 の植物ライオンゴロシ(あちら版参考動画)》

悪魔の爪ライオンゴロシ(ツノゴマayumu版参考動画)》

何故にこんなものに興味を持つかと言われればその人の嗜好にもよるが

人のやらない物、出来ない物に挑戦したいと云う見るもの乞食の考えが

強いのかも知れない。特に植物にたいしてであるがこの植物を

 花を咲かせ種子をゲットした者は本邦では聞いた事がないと云うことかな。

従ってこの挑戦も二回目であるが、成功するかは全く分からない。

試行錯誤、興味津々と云うことではあります、はい!。

 23_2021040110170124_20210401101701

種播きして10日目のライオンゴロシの苗いよいよ戸外に移植。
戸外と云っても菜園のサツマイモ苗床にである。毎日実験テスト
の感覚なので如何なるかは全く分からない。

カラハリ砂漠の植物であり、種子も現地で収穫したとの能書。
現地の夏季の気候は相当なもので40~50℃になるとある。
又冬季では0℃にもなり気温の差は大きい。

ところで菜園のさつま芋苗床も日中40~50℃になって温度計
振り切ることもしばしば、ならば移植試してみようと思った。
研究者の様なハイテク設備もない、試薬もない、自然に近い設備
で出来れば最高だ。いつもそう思っている。

25_2021040110230126_20210402102801

一昼夜畑の温床での様子、気になって同じ時刻に見回った。調子は良好で葉も昨日よりは大きく感じた。

潅水の代わりに殺菌剤を散布した。後の二芽も早急に本さつま芋苗床に移動することにした。

27_20210402171901 28_20210403075301 29_20210405075101 30_20210407085301

31_20210408090801 32_20210410115701 33_20210413074301 34_20210418092201

35_20210423065801

        早朝4/18の日課ウォ-キングがてら見回ると温度計は最低12℃でam:600現在18℃であった。作日

の最高温度は43℃を記録した様だ。つづく

 

 

 

............................................................................................................................................................................................................................................................................................................... 

庭のサンシュユ咲きました。

1_20210312091901 2_20210312094601 3_20210312091901

15_20210319185001

                                

                                                               2021-3-14早朝の記録(雉の来訪)。

                動画作動画面上で右クリック、ルプー再生をクリックすると繰り返し聞けます。 |    此方はボリュ-ム一杯に上げて下さい

 

 

 

 

 

..................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................... 

 

 

これと、これと、これと、これで DIY

《第2弾》

2021さつま芋苗踏み込み開始。

  5_20210302214001  

後で苗束を買いば良いのに高価な芋を買って不経済だが折角芋床を作ったので

無にすることも出来ない。何が何でも実行だ~。先は発酵温度やらを記録実験

となった。2日目だが、びっくり仰天温度計振り切った。

1_20210301162801 2_20210303094201 3_20210301162801

             4_20210302093001 6_20210302093701 10_20210303091401  10_20210303091401

11_20210303092301 12_20210303091401   

1_20210305191901  2_20210307042301

3_20210305191901  4_20210306075301

5_20210329081901

後は第3次緊急事態宣言解除の頃迄お預けか。つづく

落ち葉特大ゴミ袋3袋、床の寸法120cmx70cm 

6_20210414121501 8_20210414114601 7_20210414114601 9_20210415084501  

  11_20210418101601 12_2021042108400113_20210422134301

あれ以来、第3次緊急事態宣言は解除になった。しかし裏には政治的な思惑が

濃厚だ、思惑で災いを消すことは出来ない。

さて、自然に帰ろう我がミニ菜園の2021さつま芋苗、本日5本の苗が採れた。

落ち葉を踏んだ苗床は待ってくれない。発酵熱は時に温度計振り切りった。

傍らにカラハリ砂漠のライオンゴロシの苗も見えるが此方も色んな思惑で

一杯だ果たして如何なることやら見遠しは分からない。

 

畑のマスコット手乗りモズになるかも、特訓中

7_202103021007018_20210302100701

目を閉じて何回も聞くには動画画面上で右クリックループ再生をクリックする。

本文との関係は全くありません。

 

 

..................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................... 

そ~っと行って来ました。春は来たかと。

河津桜咲いてました。梅の花も蝋梅も咲いていましたよ~。

1_20210212140201 2_20210212140201 3_20210212140201

ここ三四日コロナ風邪感染者、減ったでしょ。どうしてだか分かりますか~。

それは ね、雨が降った精なんだな~これが。皆んな頑張って努力した精 も少しはあるけど ね。

明日は又ぐ~んとあがるよ!。

だが又恵の雨が近いから暫くは安心だ、これ本当だよ!

..................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................... 

 

これと、これと、これと、これで DIY

《昔取った杵柄(きねづか) 》《俵(炭俵、炭すご)編み動画》
さ~て今は昔、なにが出来上がるでしょうか?
1_20201206041701 2_20201206041801 3_20201206041801 4_20201206041801

5_20201206042001 6_20201206042001 7_20201206042001 8_20201206042001

10_20201206042601 11_2020120604260112_20201221064801 13_20201209193901 

14_20201220212101 15_2020122021210116_20201220211401

昔はビニ-ルなどと言うものはなかった。障子紙に使う和紙にナタネ油塗って乾燥させて暖房用に

使用した。和様唐傘、あれ!。ほんと~に、ほんとにご苦労さん。

しばらくつづく

(炭俵、炭すご)編み動画

(昔取った杵柄=モデル不詳)

バック音楽は童謡・唱歌の世界より"新相馬節"
https://www.s-pst.info/douyou-syouka/

目を閉じて繰り返し聞くには動画上で右クリック、ル-プ再生をクリックするとよ。

 

 

 

 

..................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................... 

 

在来種、白ホドイモの収穫

山野で発見した時は赤系(5)の花であった。ところが畑に移植して咲いた花は全部白系である。知る人ぞ知るホドイモは芋ではなく豆(6~8)である。地上に豆が成り地下にはイモ(芋)が成るマメ科の植物である。 林野においてこのホドイモの豆を採集することなど開設者は一生に一度かなと思っていた。

日本在来種ホドイモの花は殆どか赤系であるが昨年の9月そのホドイモの青い果実を発見した。そして11月再び訪れてその乾燥した豆鞘を3個採集した。外観は藤の果実に似ていて大きさは極小であった。ほとんど未熟の種で一鞘に一粒、計3粒だけだった。

早速採り蒔きを実行、適期来春移植を目指して長い戦いが始まった。以後収穫迄の記録である。

1_20201115101601

そして今年7月咲いた花は白系の花だった。採取した3粒共白花だった。現地に咲いていたもの(5)は赤系なのに畑に種蒔き咲いたのは白花だった。摩訶不思議なことが起こった。

2_20201115103501 3_20201115103601 4_20201115103601 5_20201115103601

  6_20201115103701 7_20201115103701 8_20201129081901 9_20201115103701

10_20201115103901 11_20201115103901 12_20201115103901 13_20201115103901

14_20201115104101 15_20201115104101 16_20201115104201 17_20201115104201

 

 

18_20201129072101  

3_20201115103601   

この動画はホドイモの豆を蒔き(実生)一年での開花である。恐らくこれも本邦お初の試みであろう。しかも現地赤系の花から白系が出た。採集した3粒は別々の鞘から採取した豆である。摩訶不思議な話ではある。

 

...................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................... 

 本家、ライオンゴロシ参上 

2020寒さに向かうおり、ふとした動機から大変貴重な種子をゲットした。永年心の片隅に抱いていた幻のような、雲をつかむような憧れでもあった。その栽培の極意を教わったので三日坊主になるかも知れないが来春適期を待てば良いのに何時もそうであるが駄目元々で挑戦することになった。その記録である。  

47_20201123081001

下記2枚の画像は熱川バナナワニ園清水秀男学芸員からお借りした大変貴重ものである。
無許可流用厳禁!

1_20201111101801  2_20201111101801
熱川バナナワニ園 清水秀男学芸員提供画像。(実生からの開花に成功された大変貴重な記録画像)

 

47_20201123081001

下記画像は「ハーブとスパイス大図鑑」よりお借りしました。
驚きの現地生態です。 (you tube)
Devils_claw_01  
47_20201123081001

3_20201111183401 4_20201111120501 5_20201111120501 6_20201111120501 

ライオンゴロシとキバナツノゴマの種子発芽の難易度はこの方法ではこれまで試した事は無かったが今回ついでに一緒に試す機会となった。その結果全く五分々の結果となり両者3日前後の超スピ-ド発芽した。キバナツノゴマ は収穫後畑にばら蒔くいて置けば発芽するので簡単で論外である。ただし難しいと言う方も居りますね。ライオンゴロシについては全くの幻で栽培成功には何人もいないと聞く、信じられない事かも知れない。

 

通年栽培芽出し法概観図
7_20201111121701 

直接お会いして栽培の極意をお聞きした訳ではありませんので私感ですが概観図を読独していただければ知る人ぞ知るでお判り頂けると思います。栽培温度(芽出)=20℃以上暗室、発芽後ビニポットに移植、明るい場所に移す。この場合も栽培温度(芽出)=20℃以上 は望ましい。


画像拡大で初回発芽の様子が分かります。発根の成長が早く朝な夕なに早まるので移植のタイミングを逃さないようにします。
8_20201111123101 9_20201111122301 5_20201111120501 11_202011111223011番芽

12_20201111183401 14_20201111122401  15_20201111184601 16_20201111184601

19_20201111232301 20_20201111232301 21_20201111232301

   ライオンゴロシ2番芽確認         ツノゴマ3番芽確認

24_20201112093401 25_2020111209590127_20201112111101 26_20201114144201

                     ライオンゴロシ3番芽確認                                       ツノゴマ4番芽確認

現在迄播種13粒の内3粒の発芽を確認した。発芽した画像を種子の大きさで確認すると小さい華奢な種ばかりが先行して発芽しているようである。今後の展開は如何なるか全く判らない。つづく

 

      28_20201112114901

本件とバック音楽とは無関係である。

目を閉じて聞くには動画上で右クリック、ル-プ再生をクリックする。

音楽を聞きながら気ながにみてくだされ。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

その後の展開、その後の課題

22_20201112064901 23_20201112075601

双葉の展開まで漕ぎつけたが高温と高湿度の為今後徒長すると考える。一段階の芽出し、二段階の移植そして三段階の対策は?適期移植まで半年、三日坊主のお出ましか先行者つのごまは囁く。 つづく

 29_20201113171001 31_20201114102901

32_20201115185101 33_20201115185101

4番芽、発芽確認

本日発根して明日の夕方には移植かな、発根時の生長ずんずん早しライオンゴロシ。

34_20201116084901

            36_2020111713200135_2020111713140137_2020111717060138_20201117170601 

           ビニポット蒔き種子本日発芽の兆候、5番芽発芽確認       6番芽発芽確認

39_20201119041801 40_20201119041801

6番目芽移植

予想はしてたが突然やって来た!

41_20201119081401   

高温多湿により発芽率は良いがその後の生長悪し今後どうするか、発芽、移植迄は何とか出来た。さて如何するか?駄目で元々来春適期に再度挑戦するか?三日坊主が芽を出したかな?。

 

42_20201119205001

43_20201119205501 44_20201119205501 45_20201121145101 46_20201121144501

現在2芽生長中、その他1芽発芽の兆候あるもその他発芽待ちの状態。

52_20201123194801

加温ボックスが小さければ高温多湿のバランスが難しい、なので多少大き目のボックスに変えてみたら何とか持ち応えているようだ、面白いのは葉が枯れて茎だになった芽が萎れずにいる。三四日になるが頑張っている。健在な芽は元気が出たようだ。非常に面白い植物だ。

         48_2020112319520149_2020112320200150_2020112320200151_20201123202001

54_20201130111401 53_20201130114901

発芽が難しいと言われるライオンゴロシ、しかし何とか発芽率は50%であった。以後発芽するかは定かではないが様子を穿っているところである。この経験を生かして適期来も懲りずに挑戦するつもりである。長くなるので今回はこの辺で終了します。続編は次回にご期待下さい。                                                         

....................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................... 

 

2020"つのごま"の収穫

新型コロナウイルスの収束を願ってツノゴマのマスコットを作ってみました。つまりつのごまはゴマの一種である。ゴマは護摩と置き換えればお護摩お守り代わり、疫病寄せ付けないとな。この面構えは悪い風邪を退治してくれるだろう。そう願いたい。別名はひっ付き虫、悪魔の爪、ライオンゴロシとも勝手に言う。 

8_20201030135701

1_20201030135801 2_20201030135801 3_20201031040801 5_20201030140001

6_20201030140101 7_20201030140101 13_20201031202901 9_20201030140101

10_20201031081001 11_20201031112201 14_20201101081601 12_20201030144401 自作動画

15_20201101090601

つのごまの栽培方法、もっと見る

 

例によってバック音楽と本件とは無関係。

目をつむって聞くには動画上で右クリックしてル-プ再生をクリックです。

 

 

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................ 

 

花影満月(中秋の名月)と

j01_20201001092801 1_20201001092801 2_202010010928013_20201003185501  

161 17_20201001093001 18_20201001093001 8_20201001093001

9_20201001093101 11_20201001093101 10_20201001093101 14_20201001093201

13_20201001093301 15_20201001093301 16_20201001093301151

 

5_20201001093401 6_20201001093401 7_2020100109340171_20201001093401

 

目を閉じて聞くには動画上で右クリックしてル-プ再生をクリックする

画像は一部処理してあります。

 

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................ 

 

令和2年と秋のそら

1_20200923122401 2_20200923121201 3_20200923121201 4_20200923121201

バック音楽は"秋の花"

5_20200923121401 6_20200923171001 7_20200923121401 8_20200923121401

9_20200923122901 1_20200924083201

                                 バック音楽繰り返し聞くには動画上で右クリックしてル-プ再生をクリックする。

昨年の大晦日の夕方に今年の運勢を占った。逆さ二の字だった。逆夢であって欲しいと思った。しかし今になって思いば心半分は正夢となったような気がする。今後何が起こるだろうか、縁起でもないが心が騒ぐ。

 

 

............................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................ 

 

 

百十日の頃

1_20200906214501 2_20200906214501 3_20200906214501 5_20200906214601

4_20200907084601

 

動画拡大するには画面上で左ダブルクリック。

目を閉じて聴くには動画上で右クリック ル-プ再生をクリック。

音楽サイトで聴くにはここクリック次に上段の風景歌をクリック次に秋の風景歌里こころクリックする。

............................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................ 

 

1_20200728100301

毎年7月後半なると何故かそわそわする。行かなくちゃと、ヒメノヤガラの山へ

ヒメノヤガラはサンゴを思わせる野生ランである。各地(岩手県以西)で見られるが貴重種で中々見ることが出来ないが登山中に偶

然に見つかることがある。標高差や山の向き、植生、その他その年の気候に左右されるので難しい。

開設者は日曜や連休には絶対に見に行かない、月曜か金曜日を狙う偏屈者である。ゆっくりと気にする事もなく時間をかけて探索

出来るからでもある。しかしこんな時にはヤマビルがわんさかと足元に寄って来るソックスの中に入り込むものソックス、軍手の

網目から吸い付く奴、何故登山靴のソックスの中に入り込めるのか気に掛かるが、その生態系を知らねばならない。野生鹿や登山

者の血を吸う前の姿は松葉の様に極細なのである。しかも伸縮自在の体形、痛みを全く感じさせないから被害者は全く気が付かな

い、家に帰った頃痒くなり三、四日は悩まされる。余談になったがです。

昨年も豊作であったが今年は更にサンゴの林のようだった?。今年は7月も終わろうとするのに梅雨明けがない。各地で大雨の大災

害が起きて気の毒ではあるが、こんな年は腐生ランは豊作になるのかと再認識した。100本を超える群生を観た。

2_20200728101601 3_20200728101601 4_20200728101601 5_20200728101601 6_20200728101601

 

 

                                                       ............................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................ 

 

ayumu & 山のロザリア

今は昔、呼称"腐生ラン"と呼ばれた幻の野生ラン。そして野菜のように種を蒔き花を咲かせ、種子を採取するなど絶対に不可能、この種の植物に手を染めることなどご法度であった。今もそうかもしれない。光合成から180度脱した植物でる。こんな植逆転の発想、その生態系を知ることは興味津々とな。

8_202006132046016_202006132033017_202006132033015_20200613195401

            クロヤツシロラン(動画)            アキザキヤツシロラン(動画)  ハルザキヤツシロラン(動画) 

 30_20210410184701

           タンザワサカネ(動画)          

                                    -記-

ラン科植物の栽培に於いては腐生ラン(菌従属栄養植物)の栽培は不可能であり夢であり、それを可能にした時、それを制した者はらん栽培の奥義を取得したものと言われていた。

しかし、全くそんな事は無いのである。開設者は専門の知識などは全く無いのである。食卓に並ぶ野菜がもし畑が無かったら土壌が無かったなら作ることは全く不可能。全くこれと同じで腐生ランを蒔く土地、土壌が無かった、言い換えれば何処に蒔けば良いのか誰も気が付かなかったのである。この分野においては一世紀前ナドソン等が無菌播種法を発見した時からハイテクを駆使して発芽するしかないということ以外になかったのである、一般的には。

十数年も前になるが開設者は山野を歩き回ることが好きであった。ある時林床で腐生ランが発芽してプロトコームになっている現場、つまり畑(土壌)を発見したのである。
その時の精神状態は身の毛がよだつ、髪の毛が逆立つ感動であった。腐生ランでも野菜のように種から発芽していることを実感したのである、当然であるが。そしてその環境を忠実におさらいして部屋にて復習を重ねました。そして腐生ランが野菜の種蒔きのように種を蒔き早くて一週間、二十日前後で発芽を見たのである。こんな事を申せば気でも狂ったのかと思うかもしれない。そんな時には嘘か誠か実験の結果をみてほしい。この分野の専門家はハイテクを駆使したラボに於いて常に顕鏡的に説くは正解である。

しかし地下の部分をソフト面から見ると何が起こっているのか、この不可解な腐生ランの生態系、ブラックホールの謎の部分を顕鏡的に目視できるだろうか。

例えばクロヤツシロランの根(ここでは根を根状器官と提案する)その共生菌の地下での営みを目視する時共生菌の伸びる速さよりクロヤツシロランの根状器官の伸びる速さが格段に速い。そして野生に於いては秋期に塊茎が充実して花を咲かすころにはこの根状器官は跡形もなく消滅する。そして年サイクルでこの生態系繰り返しているのである。
しかしその消滅した根状器官の跡には共生菌が菌糸束となって広く残っていて陣地を広げているのがわかる。顕鏡的に述べれば一方的だがこの地下での両者の営みは持ちつ持たれつの営みの外に無いように思う。顕鏡的に見れば 一方的に奪う、略奪するというなれそめは反面からみればそうかもしれないが、彼らからすればお互いに助け合い、共生の生態系なのかも知れない。腐生ランの謎に包まれたこの地下部のブラックホールを観るにはこの培養法は最適てある。さすればこれまでの数倍の速さでこの分野の研究が進むに違えない。

        

............................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................. 1_20200417210601本日(4/16)、日本全国に新型コロナウイルス拡大の為、緊急事態宣言が発出された。(解除5/25)神奈川県状況 

 伊勢原・秦野 保険福祉事務所 管轄電話番号=0463-82-1428

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ka8/faq/p3678.html

.........................................................................................................................................................................................................................................

 01_20200418174901                            《三日坊主の万歩表、果たして何時迄続く。己を叱咤し記録を公表して置けば三日坊主は免れるとな》

            21_20210330153101  211_20210421204801                  

2020178_20200630223301723_2020100106080110_20201231211701                                                            

2019120192 20193 20201

 

 

 

 

 

 

 

2021年4月 3日 (土)

2021 オオバウマノスズクサ

2021 オオバウマノスズクサ 花色は 始め緑色進むに...

» 続きを読む

2021年3月27日 (土)

第2弾 本家、ライオンゴロシ

第2弾  本家、ライオンゴロシ-2021- 《カラハリ砂漠 の植物ライオンゴロシ...

» 続きを読む

2021年3月12日 (金)

庭のサンシュユ咲きました。2021-3-12

  庭のサンシュユ咲きました。                     ...

» 続きを読む

2021年3月 2日 (火)

《第2弾》これと、これと、これと、これで DIY

これと、これと、これと、これで DIY 《第2弾》 2021さつま芋苗床踏み...

» 続きを読む

2021年2月12日 (金)

そ~っと行って来ました。春は来たかと。

そ~っと行って来ました。春は来たかと。 河津桜咲いてました。梅の花も蝋梅も咲いて...

» 続きを読む

2020年12月 6日 (日)

昔取った杵柄、炭すご(俵)編み

これと、これと、これと、これで DIY 《昔取った杵柄(きねづか) 》《俵(炭俵...

» 続きを読む

2020年11月15日 (日)

2020在来種白花ホドイモの収穫

在来種、白花ホドイモの収穫 山野で発見した時は赤系(5)の花であった。ところが畑...

» 続きを読む

2020年11月11日 (水)

2020ライオンゴロシの種蒔き

本家、ライオンゴロシ参上  2020寒さに向かうおり、ふとした動機から大変貴重な...

» 続きを読む

2020年10月30日 (金)

2020つのごまの収穫

2020"つのごま"の収穫 新型コロナウイルスの収束を願ってツノゴマのマスコッ...

» 続きを読む

2020年10月18日 (日)

寒い今朝の富士山

今朝の富士山 冬が来たよと思うべな~。 定例の早朝ウォ-キングで撮ったつかの...

» 続きを読む

2020年10月 8日 (木)

2020-10ジャンボ落花生の収穫

ジャンボ落花生の収穫 とに角大きいので食べ応え抜群、収穫して塩を振りかけ即圧力釜...

» 続きを読む

2020年10月 3日 (土)

花影と満月(中秋の名月)と

花影と満月(中秋の名月)と j     ...

» 続きを読む

2020年9月23日 (水)

令和2年と秋のそら

令和2年と秋のそら   バック音楽は"秋の花"           ...

» 続きを読む

2020年9月17日 (木)

2020サツマイモの"試し堀り"と試食

収穫前のサツマイモの"試し堀り"と試食 サツマイモの料理はあまり好みに合わないが...

» 続きを読む

2020年9月 6日 (日)

二百十日の頃

二百十日の頃   目を閉じて聴くには動画上で左クリック ル-プ再生をク...

» 続きを読む

2020年9月 2日 (水)

グリ-ンカ-テンの落とし物

グリ-ンカ-テンの落とし物 今年は例年にない天候の不順、終わりなき残暑、酷暑それ...

» 続きを読む

2020年8月25日 (火)

平常心にかえる

平常心にかえる 3蜜を避けよと言う、けれども日常の通勤電車は何蜜なのか。つり革...

» 続きを読む

2020年8月15日 (土)

実りある明日に向かって、耐えて守る!。

実りある明日に向かって、耐えて守る!。       調度、今は昔"ひもじい...

» 続きを読む

2020年8月11日 (火)

暑さ本番、されど秋撮りの気配

暑さ本番、されど秋撮りの気配かな バック音楽は童謡・唱歌の世界より"散歩唱歌 ...

» 続きを読む

2020年8月 9日 (日)

月下美人が咲きました(2020-8-8)

  月下美人が咲きました(2020-8-8) バック音楽は童...

» 続きを読む

2020年8月 7日 (金)

ハンカチの花、コンロンカ

涼しさを求めてハンカチの花、コンロンカ。 長梅雨明けて猛暑続きの庭の静寂に一滴の...

» 続きを読む

2020年8月 2日 (日)

在来種ホドイモの白花、不思議発見!!

在来種ホドイモの白花、不思議発見!! ホド芋とは豆である。地下には芋がなって地...

» 続きを読む

2020年7月30日 (木)

ニホンアマガエル摩訶不思議

雨蛙の摩訶不思議な生態系!? 8月になると云うのに梅雨は何時明けるのか、8月...

» 続きを読む

2020年7月28日 (火)

2020ヒメノヤガラ

毎年7月後半なると何故かそわそわする。行かなくちゃと、ヒメノヤガラの山へ ヒメ...

» 続きを読む

2020年7月13日 (月)

夏きゅうり今が旬

河童はきゅうりが大好物だそうです。それであのように痩せているだ!?。 ...

» 続きを読む

2020年7月 7日 (火)

河童になった畑の権兵衛

毎日早朝河童が届けてくれるきゅうりについて考えた。毎日きゅうりを採るには如何すれ...

» 続きを読む

2020年6月30日 (火)

セスジスズメの羽化第二弾

セスジスズメの羽化第二弾 今年のサツマイモの植え付けにはふとした事からソフトクリ...

» 続きを読む

2020年6月22日 (月)

2020きうりの収穫が始まった

この四葉胡瓜は見た目は硬そうで、とげがあって真っすぐな優等生は全く...

» 続きを読む

2020年6月20日 (土)

手乗りセスジスズメのホバリング

手乗りセスジスズメのホバリング 6月に入って早々に玉ねぎを収穫、その跡に何時もサ...

» 続きを読む

2020年6月13日 (土)

ヤツシロランと山のロザリア

ayumuの研究と山のロザリア 今は昔、呼称"腐生ラン"と呼ばれた幻の野生ラン。...

» 続きを読む

2020年6月12日 (金)

2020トウモロコシ畑のカラス叩き

トウモロコシ畑のカラス叩き 今期のトウモロコシ、ようやく雄花があがって...

» 続きを読む

2020年6月 8日 (月)

思い出の 食虫植物(Nepenthes)

思い出の 食虫植物(Nepenthes) 本当に永い永いお付き合いの植物、花...

» 続きを読む

2020年6月 1日 (月)

2020きゅうりの栽培

今季のきゅうりの植え付けは例の新形コロナウイルスの件で植え付け迷ったが近くの...

» 続きを読む

2020年5月18日 (月)

五月の花次々と庭の花々と

五月の花次々と庭の花々と おごるひとの世は変われども自然の移り変わり...

» 続きを読む

2020年5月15日 (金)

2020ジャンボ落花生の苗の定植

  落花生の苗(ビニポット)の定植暦の上では少し移植は早いようだが苗の草丈が長く...

» 続きを読む

2020年5月13日 (水)

画像や動画が盗用されたら!

画像や動画が盗用されたら! SNSに投稿した画像や動画が盗用されて悪質サイトに誘...

» 続きを読む

2020年5月 1日 (金)

2020ジャンボ落花生の種蒔き。

ジャンボ落花生の種蒔き。 何時ものことだが横着工法で畑に鍬を入れるとムクドリやカ...

» 続きを読む

2020年4月25日 (土)

わが家のコロナウイルス対策

本日、日本全国に新型コロナウイルス拡大の為、緊急事態宣言が発出された。神奈川県...

» 続きを読む

2020年3月18日 (水)

菜の花や月は東に日は西に

  菜の花や月は東に日は西に(与謝野蕪村) 伊勢原よりダイヤモンド富士を狙う ス...

» 続きを読む

2020年2月28日 (金)

世にも不思議な花が咲きました

  世にも不思議な花が咲きました。 《ハルザキヤツシロラン》 葉も根も無い植物...

» 続きを読む

2020年2月14日 (金)

梅の香や 残月中に 入りけり

梅の香や 残月中に 入りけり 早朝、梅畑を通過する、齢月が光ってた、しば...

» 続きを読む

2020年2月 9日 (日)

満月と河津桜、満月蠟梅と梅の花

満月と河津桜、満月蠟梅と梅の花 何時もの様に早朝散歩、暫く振りで明るい...

» 続きを読む

2020年2月 6日 (木)

老夫とアオサギの物語

  老夫とアオサギの物語 寒ざむの農作業、春は近くに日は西に...

» 続きを読む

2020年2月 4日 (火)

白いタンポポ開花促成の実験

白い タンポポ開花 促成の 実験 踏みつけられしあぜ道の白いたんぽぽ移植実行...

» 続きを読む

2020年2月 2日 (日)

2020-02-02 ぞろ目の 河津桜

  2020-02-02 ぞろ目の 河津桜   ...

» 続きを読む

2019年12月31日 (火)

令和二年逆さ夢、逆さ二の字を描く

令和二年逆さ夢、逆さ二の字を描く 富士に向かいて夕焼け空に佇めば風強く冷た...

» 続きを読む

2019年12月16日 (月)

富士に笠雲、夕焼け絵巻 令和元年師走かな(2019-12-01)

富士に笠雲、夕焼け絵巻 令和元年師走かな(2019-12-01) 2   ...

» 続きを読む

2019年11月 4日 (月)

菌従属栄養植物(腐生ラン)の開花

菌従属栄養植物(腐生ラン)の開花ラン科オニノヤガラ属クロヤツシロラン これ迄はこ...

» 続きを読む

2019年10月31日 (木)

小 春 日 和 の 昨 今 2 題(令和元年)

小 春 日 和 の 昨 今 5 題     知っ高さんはこちら      ...

» 続きを読む

2019年10月30日 (水)

2019つのゴマの収穫

世にも恐ろしいつのゴマ収穫 "悪魔の爪"とも云われる植物(野菜?) ...

» 続きを読む

2019年10月27日 (日)

第二弾根も葉も無い植物妖怪

第二弾根も葉もない植物、妖怪! こんな変竹林な花があるとは知らなかった。南の国の...

» 続きを読む

2019年10月23日 (水)

根も葉もない植物の花

本日は誰も知らない花、根も葉もない植物の紹介です。けれども、貴君の傍にあるのです...

» 続きを読む

2019年10月12日 (土)

月下美人の開花(令和元年十月期)

月下美人の開花 《その記録》 2019-10-11夕方~12日朝方 ...

» 続きを読む

2019年10月 9日 (水)

2019ひょうたん歌麿(?)再び(その1)(その2)。

2019ひょうたん歌麿(?)再び(その1)。うらなり瓢箪が突如変身、長さ50cm...

» 続きを読む

2019年10月 4日 (金)

手乗りオオスカシバ第二弾

手乗りオオスカシバ第二弾 オオスカシバ二号が羽化しました。夜中に記録を残し朝方...

» 続きを読む

2019年10月 1日 (火)

地上には豆、地下には芋がなる植物発見

  ホドイモの花、豆、芋、3拍子めっけの記録  地上には豆、変竹林な花、地下に...

» 続きを読む

2019年9月28日 (土)

令和元年専業農家、稲刈り風景昨今(2019-9-27)

令和元年専業農家、稲刈り風景昨今(2019-9-27) モデル不詳、爺ちゃん...

» 続きを読む

2019年9月26日 (木)

オオスカシバの生態観察

オオスカシバの生態、産卵から羽化迄観察。 日本のハチ鳥?(オオスカシバ)が突然...

» 続きを読む

2019年9月24日 (火)

2019-9-24秋の空

秋の空 大山と富士山の狭間の奇怪な雲現る。 (拡大=画面上でダブルク...

» 続きを読む

2019年9月23日 (月)

渋田川のヒシ(菱その2)の実

渋田川のヒシ(菱その2)の実         たわしで良く洗ってみたら鮮やかな...

» 続きを読む

2019年9月22日 (日)

塔の岳登山(バカ尾根)

塔の岳登山(バカ尾根) 大倉バス停終点から通称バカ尾根と言われる登山道を登って塔...

» 続きを読む

2019年9月 2日 (月)

日向林道を歩む 2019-9。

涼を求めて日向林道を歩む。   9月に入っても日中の暑さはたまらない。涼を求め...

» 続きを読む

2019年8月30日 (金)

今朝の空は七面鳥!!

今朝の空は七面鳥の様に変わりずぶ濡れで歩むかな。   今朝の日の出前の空は...

» 続きを読む

2019年8月18日 (日)

2019畑の瓢箪作りは三日坊主

畑の瓢箪作りは三日坊主三回目(3年)で終わった。    .............

» 続きを読む

2019年8月15日 (木)

オオミスジコウガイビルの捕食

奇怪生物、第2弾現る!前回はオオミミズが捕まった。今回はナメクジだ! その生態、...

» 続きを読む

«2019ひょうたん歌麿、再び